顧問弁護士のメリット

会社の経営者は多くの仕事を掛けもちしています。
特中小企業の場合は、社長が様々な仕事を抱え込んでしまう場合が多いです。
特に損害を受ける場合は迅速な対応が必要で、被害を最小限に抑える事ができます。
そのためには弁護士に早く対応してもらう必要があります。
顧問弁護士を雇っている会社の場合は、弁護士に連絡をするだけですぐに駆けつけてもらえて相談をすることができます。
顧問弁護士がいない場合は、自分で弁護士事務所をさがして連絡をし、相談の予約を取らなくてはいけません。
早急な対応をしてもらいたい場合は、何社も連絡をしなければ、対応してもらえる弁護士がいない可能性が有ります。
また弁護士と相談しても相性が合わない、信頼できないと感じた場合は、また違う弁護士に依頼しなければいけません。
すると問題解決がどんどん遅くなり、更なる大きな損害を生み出してしまう可能性が有ります。

顧問弁護士を雇う場合は、毎月固定の費用が掛かります。
その分無料で相談に乗ってもらう事ができます。
小さなことでも顧問弁護士に相談して、信頼関係を強くしておきましょう。
会社以外でもプライベートの事で法律相談に乗ってもらう事もできます。
具体的には相続や離婚問題など会社の経営にも関わってくる可能性もあります。
会社もプライベートの問題も小さな問題の内に相談をする癖をつけておくと大きな損害になる前に余裕を持って解決できます。
顧問弁護士を雇う事で経営者は経営や営業など自分の仕事に集中する事ができ、生産性が上がります。



※関連情報
毎月固定の費用を格安に弁護士と顧問契約が出来るサービスです ⇒ 弁護士 顧問契約

Copyright © 2014 顧問弁護士がいて良かった! All Rights Reserved.